読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職務責任の明確化について

営業日3日連続更新中。
今日は職務範囲の話。

実は日曜日に休日出勤してたんですが、これがまた難しい問題でして。
出勤扱いされないんですよね笑
お客さんの事を思うとand営業チームの空気的に顔を出さなきゃいけないんだけど、それはあくまで空気を読んでの事。
はっきりとこの日は出勤だ!と言ってくれれば義務として行くのに、そうではないけど来た方がいい、だなんてさ。

もっと明確化してくれよ!!!!!
だれも得しないよ!?

給料もでないこの出勤を、皆が当たり前のようにやっているからおかしな事になるんだよね。営業の職務範囲がどこまでなのか、明確に規定してくれないと、営業がなんでもやる羽目になって擦り減っていく。
だから離職率高いんだよなあ弊社は。

ここ(欧米では、仕事における個人の責任範囲が明確だから、残業代ゼロ法案も、受け入れられるのだ。 http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/ea056c31887149d6bfda0ea9a86e62b4)にもあるように、以下のような規定がきちんと成り立つ労働市場が羨ましく思うのであった。。

ホワイトカラー・エグゼンプションの導入で先行する欧米企業では、一般的に、雇用契約を結ぶ際、「ジョブ・デスクリプション(職務記述書)」を交付され、社員は自分の仕事の範囲が明確になる。

営業なんて、ひとりひとりやってる事が違って、それぞれが指導する(指導されてるならまだマシだ)から、ほんと組織として成り立ってないと思うよ!

組織とは、誰かが急に抜けても、それをカバーできるだけの人数が揃っていて初めて組織という。
こんな話をどこかで見かけた。
めちゃめちゃ同意する。

休まなければならない有休の期限が切れそうな私なのであった。

今日が人生で一番若い日!